top of page

令和6年能登半島地震に対する被災地支援について


1月1日(月)16時10分ごろに石川県能登地方で発生した地震(M7.6 最大震度7)によりお亡くなりになられました方々に深く哀悼の意を表するとともに、被災されました全ての方々にお見舞いを申し上げます。また、これ以上に被害が拡大しないようお祈り致します。


野洲青年会議所としましては、日本青年会議所の協力依頼に対しまして、我々できることをと思い下記の内容を支援物資として1月4日に現地に届けてまいりました。


《支援物資》

土嚢袋 1000袋

ブルーシート 64枚

段ボール簡易トイレ2セット

簡易トイレ替え袋 114回分

生理用品 466枚

ミネラルウォーター1ケース


こちらは、現役メンバー・シニアクラブ会員の支援金から購入させていただき、現地に支援してまいりました。


我々は比較的安全なエリアまでしか足を踏み入れておりませんが、現地では常に緊急車両や自衛隊の車両の多くが行きかい、道路の決裂や欠落などが見受けられました。2次災害の危険性や被災地復興のプロの方々の邪魔をしないことを強く感じながら支援に当たらせていただきました。いまだに余震が続いている中ではありますが、一刻も早い復興と、これ以上の被害が出ないことをお祈りいたしますとともに、引き続き我々でできる支援を続けて参りたいと思います。






【野洲青年会議所ホームページ】

【フェイスブック】

【インスタグラム】


Comentarios


bottom of page