06月例会・事業

いつも野洲青年会議所へのご支援並びに事業のご協力を賜り誠にありがとうございます。

6月に開催いたしました例会と事業の報告をさせていただきます。


6月例会(6月19日) 新型コロナウイルス感染拡大の観点から今年度の野洲市でも、春祭事・夏まつりという子供たちが楽しめる地域の事業・イベントごとが軒並み中止となりました。 外に出ることを制限された多感な時期の子供たちは、野洲の希望となるまちの宝です。そんな彼ら彼女らが地域の資源に触れることなくこの1年を終えるのはもったいない。そんな想いは誰もがご理解いただけるのではないでしょうか。 そこで今回の企画設営を担当するひとまちづくり委員会では、田んぼで遊ぶという非日常の体験を通じて、子供たちにまちの魅力に気づいてもらう機会としてどろんこ運動会を計画いたしました。 例会では、雨のため順延となった事業の趣旨説明と当日の役割分担についての時間となりました。楽しみにしていた対外事業が延期となったことは残念でしたが、準備期間が一週間伸びたことで、さらにさまざまな想定をする時間も生まれたことをポジティブに捉え、例会後は小雨の中、事業シミュレーションを行いました。


6月事業(6月26日)【どろんこ運動会Let’s enjoy in rice field】 午後からは雨予報がでるくもり空の午前中、どろんこ運動会がスタートしました。当日は30名近くの市内に住む小学生に集まってもらうことができ、田んぼのまんなかで子供たちはスポーツ鬼ごっことドッヂビーで遊ぶことができました。 Aチーム・Bチーム・Cチーム・Dチームとマスクで色分けされた4チームは、学校も学年もちがう全くしらないもの同士、最初こそ、メンバーを中心に自己紹介をしてもらいますが、すぐに仲良くなり作戦を立て、協力しながら楽しく遊んでいました。 最後に、優勝したチームには賞品として、そして負けてしまったチームにも参加賞として、市内農家のみなさまから提供いただいた自慢の野菜詰め合わせをお渡しさせていただきました。






20歳から40歳までの青年であればどなたでも入会できるのが我々、JCI野洲です! 青年会議所の活動・運動は野洲だけに限られたものではありません。湖南地域でのLOM間の交流はもちろん、滋賀ブロック協議会・近畿地区協議会・日本・世界へとつながっています。 入会することで、いまここでしか得られない体験が待っています。自己研鑽、奉仕の心、一生の友情、地域を豊かにする活動をともにしてみませんか!? 入会に際して、とことん説明させていただきます。ご興味をもたれたら是非、お声掛けください。

JCI野洲は、インスタグラムもやってます☆ ホームページからリンクできますので、是非、見に来てください。 https://www.yasujc.com/